専門学校も検討

独学での取り組みも費用がかかる

土地家屋調査士を目指すためには専門的な勉強が必要です。専門学校などに通うことなく、独学で取り組むにしても多少の費用がかかります。まず、テキストなどを一式、取り揃える必要があります。専門的な資格となることから、専門用語も身につけなくてはなりません。だからこそ、専門的なテキストは取り揃えておかないと学ぶことができません。土地家屋調査士を目指す人のほとんどは独学で行うことなく、資格取得のための予備校などに通います。その方が効率的に勉強ができるからです。予備校に通っても必ず合格するとは言えない難関資格となっているので、独学ともなればされに狭き門となってしまいます。よって、土地家屋調査士を目指すのなら、ある程度は独学でも予備校に通うことくらいは念頭に置いておくことをお勧めします。そのため、テキスト代や予備校代などが平均的にかかるということになります。

どんな勉強が必要なのか

土地家屋調査士を独学で目指す場合、どんなことを学べばいいのかと言うと、土地家屋に関する専門用語を知ることが第一です。それから、作図なども必要になってくるので、作図方法や電卓の使用方法なども学んでおくことは必須と言えます。予備校などに通う費用がもったいなかったり、通学の時間がもったいなかったりするのであれば、通信講座を利用してみるというのもいいかもしれません。通信講座では基礎的なことは学べるようになっているので、まさに独学で取り組むという人にピッタリの勉強方法です。土地家屋調査士の試験には筆記のみならず、口述試験というものもあります。こちらの対策も考えておかなくてはなりません。この勉強方法はインターネットで調べてみることをお勧めします。